ヒゲメガネのブログ

医療系で身につけた知識、健康な身体づくりの HOW TO を提供します(^^)

癌を助長させる4つの食べ物とは。。。PART④

こんにちは!!

 

Showです!!

 

    これまで癌を助長させる4つの食べ物PART①・②・③を書いてきました。

癌を助長させる4つの食べ物とは。。。PART③ - ヒゲメガネのブログ

癌を助長させる4つの食べ物とは。。。PART② - ヒゲメガネのブログ

癌を助長させる4つの食べ物とは。。。PART① - ヒゲメガネのブログ

   

    もし、読んだ事がない方は読んでいただけると幸いです(^^)

 

    さて、今回はPART4を話して行きたいと思います。

 

    4つ目の癌を助長させる4つの食べ物とは、、、

 

砂糖です!!

 

    みなさん、甘い物は大好きですか?
    嫌いな人の方が少ないかもしれないですね。

    現代は、海外からも美味しいスイーツが輸入されて多くの人に食べられています。
    しかし、砂糖と言う物は人間の体にとってとても害のあるものだと知っていましたか?
    今なら、知っている人もいるかもしれません。

 

○白砂糖

    白砂糖には依存性があります!!

    どのくらいの依存性かと言うと、アメリカのプリンストン大学で行われたラットを用いた実験で砂糖を過剰に摂取すると依存性が認められ、一旦砂糖の摂取をやめ、再びサッシュするとぜんかいの摂取量よりも増加していたそうです。

    また、ラットが空腹時の時の脳内では、コカイン、モルヒネ、ニコチンなどの依存性薬物による変化と同様の神経化学的変化が起こっていたみたいです。

    また、白砂糖は人工的加工品であり食品添加物です。

    この食品添加物は身体を冷やす作用があります。

 

○より危険な三温糖

    三温糖も白砂糖と同じ様な作用が起こります。

    三温糖の品質表示に「カラメル色素」と表記があります。
    カラメルしきそとは、砂糖を作り残った蜜を煮詰めたものを白砂糖に添加しているさらに危険な食品です。

    このカラメルは体内で尿素系の化学物質を作り出し、運動機能、学習機能に影響を及ぼす可能性があると、わかってきています。

 

○癌細胞は、砂糖が大好物です。

    通常、血液中の糖を下げるためにインスリンという物が働いています。血液中の糖が高過ぎると糖尿病になってします。そのためインスリンは、細胞を利用して糖を取り込ませるなど、エネルギーとして活用しています。

    しかし、この仕組みは癌細胞も通常の細胞と同じですが、癌細胞は増加するためにたくさんの糖が必要となり、通常の細胞とは取り込む量が違います。

    癌細胞は自らを増殖させるためにたくさんのエネルギーを使うため、通常の細胞と比べて数倍ブドウ糖を取り込む力が強いので、血中にブドウ糖が多くなり過ぎると癌が増殖して、転移しやすくなります。

 

そしてもう一つブドウ糖が癌を増やす理由があります。

 

それはインスリンです。

 

 

    先ほどお伝えしたように血中にブドウ糖が増えた時(血糖値が上がった時)に細胞にその糖を取りこませる作用を持つのですが、同時に癌細胞を増殖させる働きもあるのです。

 

    普通の日本人はこの血糖値を上げる原因である糖質を1日に300g前後摂取しています。

    こんなに大量の糖質を摂れば血糖値も急激に上がりますので、それだけインスリンの分泌も多くならざるを得ません。

    ブドウ糖を避ければ癌細胞の増殖が止まるので、癌にならないためには食事で摂る糖質の量を減らすしかありません。

   また、糖質と一緒に脂質を摂りすぎる事はとても問題です。

    糖質を摂りすぎなければ脂質を摂りすぎても癌を促進しないことは多くの動物実験で確認されています。

 

 

○ 砂糖が人体に与える他の影響

 

・血液の酸化、糖化

・体内のビタミン、ミネラル、カルシウムを大量に奪う→虫歯、骨粗鬆症

・鬱やパニック障害など精神的疾患

・アレルギー、アトピーの進行、悪化

・頭痛や記憶障害

・血液に入り込んで血管を痛める

・集中力、記憶力の低下

・短気、イライラ、攻撃的

・老化や肌荒れ

・むくみ、疲労感

・性器トラブル、不妊

・リウマチ

・ウイルスに弱くなる


    など、色々な症状や病気が起こる可能性があります。

 (ドラッグ食: あなたを蝕む食依存と快楽 著者:幕内 秀夫 、価格¥ 1,944、出版日2015/12/14、単行本全256ページ)

 

○あなたの知らない様々なものに白砂糖が入っているかも!?


    上記の情報を知ってしまうと、出来るだけ砂糖の摂取を避けたいですよね。

    しかし、現代は様々なものに白砂糖が使われているためなかなか避ける事は難しいです。

    様々な調味料に紛れて砂糖が添加されているため、普段お菓子を食べない人であっても知らず知らずのうちに砂糖を摂取している可能性があるため、甘いものを食べない方でも注意は必要です。

    外食、コンビニ弁当、パンや嗜好品の摂取が多い、市販のドレッシングやソース類をよく使う方、アルコール摂取が多い方は、知らず知らずのうちに白砂糖を多量に摂取している可能性があります。

    また健康の為にと飲んでいる、野菜ジュースや牛乳、調整豆乳にも意外に砂糖は含まれています。

 

    自分で防いでいくしか道は無さそうです。

 

    現代人にはびこる隠れ低血糖症

 

    低血糖症は死に直結する大変危険な症状です。

    低血糖症が起きる原因としては精製された砂糖が持つ作用にあります。

    砂糖は、体内に入ると血糖値の急上昇し、インスリンが大量に分泌します。

    そして血糖値の急下降します。

    しかし、血糖値が下がる事によって再び血糖値を上げようとし、体が甘いものを欲しがります

    この負のスパイラルを繰り返していると常に興奮状態が作られ自律神経のバランスが乱れ、症状としては貧血、めまい、頭痛、末端冷え性、アレルギー、感情の起伏がはげしい、神経質などが起こります。
    また最悪の場合、死に至るケースもありますので決して軽く見てはいけない深刻な症状だと言えます。
    さらに、12歳までの子供に白砂糖を含む食品を多く与えると、落ち着きがない、キレやすい、攻撃的といった状態も作られてしまうので注意が必要です。

 

 

○砂糖の代用で使える天然由来の甘味料

 

砂糖を避けるとはいえ、料理には少しの甘さも必要になる事が多々あると思います。

以下の甘味料は、糖吸収も穏やかでGI値が低く体への負荷が軽いですので、是非参考にどうぞ。

 

マヌカハニー

・みりん(みりん風調味料ではなく本物のみりんを使ってください。)

・米飴

・玄米飴

・玄米甘酒

メープルシロップ

・アガベシロップ

・ココナッツシュガー

・羅漢果

・ナツメ

・デーツ

・ドライフルーツ(加糖していないもの)

 

    甘味料を選ぶ時に気を付けてほしいのは以下の3つ

・生産工程

・生産者背景

・原材料

 

    生産工程はなるべく自然な物で、手作りに近い方法で作っているところを探しましょう。

    また「嘘いつわり」のない甘味料を探してください。

    原材料は、無添加なものでシンプルなものを選んでください。

    ただしこちらも常食するのではなく、必要に応じて少量使いましょう。

 

    現代社会は海外の食べ物が続々と輸入され。現代の食と昔の食は完全に変わっています。日本の癌死亡率が年々上がってるのも事実ですし、これらの食品が関係している事は間違いありません。だからこそ、今から予防もしくは悪化を防いでいく必要があるでしょう。

 

゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*.。.*.。.*゜ エステティックTBCからついに誕生!! キレイ&ダイエットサポート【TBC おいしいフルーツ青汁ダイエット】 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TKNDH+J1W4Y+3SP4+5YZ77 ゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*゜*.。.*.。.*.。.*゜

 

 

 

毎月先着300名様限定キャンペーン開催中!ダイエットサポート『フルベリ』